選択肢がない愛人

何か男性に女性にも愛人願望持っている人たちがいらっしゃると言う話しではありませんか。なぜ、愛人がこんな感じで魅力的なのかここでお話ししたいと思います。

そして、既婚者に意識的にどんどん引きこまれていく女性もいます。こういう女性は決して幸せになることが出来ない破滅主義的な女性なのかもしれません。 でも、実際に既婚者に魅力が存在していことは理論的にも明かです。

性格が我が儘な女性は、未婚男性はなかなか相手にしないようです。既婚者男性と比較して逆のような感じもしないではありませんが、未婚だから自由なのです。こんな我が儘相手にしないでももっと他に女の子はいるでしょという気分になります。

しかし、既婚者は、こういう我が儘な女性に対して寛容です。恋愛に発展もしないという安心感から、そういう我が儘な女性に対しても寛容な態度で接しています。我が儘な女性も実際に既婚者だと知り、ある程度自由性のある男性よりも規制効いた感じで向かっています。この既婚者男性と未婚女性の感じが非常に危険な不倫ムードを作りだしてしまうのです。

既婚者だから、我が儘な女性を受け止めることが出来ます。既婚者だから、規制のある生活にい、こういう我が儘な女性も可愛いと思ってしまうのです。そして、それ以上我が儘行為をふるまっても、自分は既婚者だと我が儘をすっぱりと切り捨てることも可能です。

でも、既婚者男性だってこんな感じで我が儘な女の子が可愛いと思って、ついつい愛人の関係に陥る場合があります。しかし、我が儘な女性を注意しなければならないのは、既婚者の家庭を引っかき回す可能性もあると言うことです。

愛人なら既婚者と既婚者の関係がベストです。お互いに居たい部分を知っている人たちですからね。こういう我が儘な女性が本当に既婚者に恋をしたら、家庭を破壊してでも、男性を奪いたいという狂気的発想にも導かれてしまうのです。

リスクを伴う位愛人関係

愛人関係とは何か。まだまだ愛人関係は謎と思っている人たちも多いようです。まず愛人関係はリスクあり積極的に向かうものではないということをみなさんが知っているものの、ついつい愛人関係をしてしまうものなのです。

これが愛人関係かとむ思った時はもう既に遅く、どんどん愛人関係の魅力にも罠にもはまってしまうようです。愛人関係は、インモラル行為です。実際に愛人関係が魅惑的でも愛人関係をしないに限ります。

しかし、ワタシだってそうですが、愛人関係のキッカケなんて結構簡単に襲ってくるものなのです。既婚者の男性だって、潜在意識では何処か新鮮な女性を求めているものなのではないでしょうか。そして、独身女性は、既婚者の男性と言うことで何処か安心してしまっているのです。既婚者男性だって悪いし、独身女性のワタシだって全然被害者と言う訳でもありません。

ワタクシタチの現代社会は、愛人関係がいけないことだとしっかり理解していても、甘い罠になどいくらでも仕掛けられているのです。そして、愛人関係は男性の女性の相対的モチベーションによって作られて行くという感じなのではないでしょうか。

既婚者の男性とワタシとではこの先明るい未来が展開するはずありません。しかし、この既婚男性を愛すると言うことが、リスクを乗り越えるという意識で、愛がノーマルな恋愛よりも全然確固たるものになって来てしまうのです。これは、ワタクシタチが愛し合っている実感なのです。

ルールを決める

愛人なんてやっぱり既婚男性が悪いと思っているです。女性は、既婚者だと思って安心して接しているのです。

既婚者は、既婚者としてしっかりルールを守っている訳でもありません。既婚者はマンネリ化して生活に飽きて隙あれば、他の女の子とセックスしたい欲求で満ち満ちているのです。

そんなとこへ女性は既婚者ということで安心して近付いていく訳ではありませんか。既婚者は、そんな女性のことを自分に好意を持っていると最初のうち勘違いしてしまっているのです。

女性も何か既婚者から熱い視線送られて・・・。既婚者は大体テクニックが上手と言うよりも失敗しても自分は既婚者だから仕方ないという大胆さがあるのです。何だかんだ言っているうちにワタクシタチ恋にはまってしまったという感じです。

ワタシはこんな感じで不倫をした訳です。これが愛人関係と知った時にはもう体勢すら抜け出すことなんて絶対出来るわけありません。ワタシはガンジガラメの罠にはまってしまったという感じです。

でも愛人関係はやっぱりいけないことなんです。不倫とは、ワタクシタチだけの問題ではありません。愛人関係は既婚者の妻子の問題もしっかり考えて接していかなければならないのです。しかしだからと言ってもう中止出来ないのがこの不倫なのです。

既婚の男性だって、妻子がいるというのにワタシに対して段々と大胆になって来るではありませんか。そして、ワタシがより以上求めている淋しい時に限って、子供の運動会とか言ってワタシと会うことも回避したりして、これが愛人関係かという余計淋しい思いもします。

しかし、この淋しさが尚更不倫の愛を育てて行ってしまうことになる訳です。

愛人と出会いたい

愛人と出会いたいなら愛人に特化した出会い系を使えばいいのではないかと勧める人は正直もう時代遅れの感がありますね。

今はもう出会い系経由というよりはSNSを利用しての出会いが主流なのですよ。

ツイッターやフェイスブック、特にミクシィのコミュニティを利用して熟女、愛人と出会う人がたくさん出てきている。

もちろん即効性はありませんよ。

直に会うまでにはそれなりに時間をかけて相手を懐柔する必要があります。

でもそれはしょうがありません。

ミクシィはコミュニケーションをする場であって、露骨に出会いを持ちかける場所ではないのですから。

ただその女性とコミュニケーションをとれる機会は出会い系サイトなどとは違って格段に増えます。

出会い系サイトならサクラの存在などがやや心配でしたが、ミクシィではそんなこと起こるべくもありません。

だから出会いの機会が増えたミクシィの場で根気よく細目に女性にアタックし続ける。

ネット上の出会いなんていかに男性がモチベーションを高めて女性にアタックし続けることが出来るかにかかっています。

1度や2度返信がこなくなったからってへこんでいるようではあなたはいつまでたっても女性と出会うことなどかなわんでしょう。