選択肢がない愛人

何か男性に女性にも愛人願望持っている人たちがいらっしゃると言う話しではありませんか。なぜ、愛人がこんな感じで魅力的なのかここでお話ししたいと思います。

そして、既婚者に意識的にどんどん引きこまれていく女性もいます。こういう女性は決して幸せになることが出来ない破滅主義的な女性なのかもしれません。 でも、実際に既婚者に魅力が存在していことは理論的にも明かです。

性格が我が儘な女性は、未婚男性はなかなか相手にしないようです。既婚者男性と比較して逆のような感じもしないではありませんが、未婚だから自由なのです。こんな我が儘相手にしないでももっと他に女の子はいるでしょという気分になります。

しかし、既婚者は、こういう我が儘な女性に対して寛容です。恋愛に発展もしないという安心感から、そういう我が儘な女性に対しても寛容な態度で接しています。我が儘な女性も実際に既婚者だと知り、ある程度自由性のある男性よりも規制効いた感じで向かっています。この既婚者男性と未婚女性の感じが非常に危険な不倫ムードを作りだしてしまうのです。

既婚者だから、我が儘な女性を受け止めることが出来ます。既婚者だから、規制のある生活にい、こういう我が儘な女性も可愛いと思ってしまうのです。そして、それ以上我が儘行為をふるまっても、自分は既婚者だと我が儘をすっぱりと切り捨てることも可能です。

でも、既婚者男性だってこんな感じで我が儘な女の子が可愛いと思って、ついつい愛人の関係に陥る場合があります。しかし、我が儘な女性を注意しなければならないのは、既婚者の家庭を引っかき回す可能性もあると言うことです。

愛人なら既婚者と既婚者の関係がベストです。お互いに居たい部分を知っている人たちですからね。こういう我が儘な女性が本当に既婚者に恋をしたら、家庭を破壊してでも、男性を奪いたいという狂気的発想にも導かれてしまうのです。